中退者向け就活サイトを徹底比較→CLICK!

30歳でアルバイトから正社員になった人の話|結論は難しい【体験談】

アルバイトから正社員
  • URLをコピーしました!
悩む人

このままアルバイトでいるのはまずいかも。

頭ではわかってるけど、イマイチ行動に移せないんだよなぁ…

でも就職活動の経験もないし、なんだか難しそう

アルバイトから正社員になれたらいいのになぁ…

アルバイトからそのまま正社員になれたら、なにより楽だし、いいことづくめですよね。

ただ結論から言うと、アルバイトから正社員になるのは狭き門

正社員になれる保証もないし、失敗したときのリスクが大きいです。

かすがみ

私かすがみは、正社員を狙って30歳ギリギリまでアルバイトで過ごすことに…

なんとか正社員で登用されたものの、完全に運が良かっただけの話。

一度しかない人生を運に任せてしまうなんて、あなたはそんなギャンブルをできますか?

想像してみてください、フリーターのまま30代・40代と歳を重ねていく姿を…

あなたが20代だったら、ちゃんとした方法で就活すれば正社員になることは難しくありません

私の時代にはなかったのですが、今なら就職エージェントが無料で利用できますよ。

≫ 無料で利用できる就職エージェントについてはこちら

こと就職に関しては、若いだけで市場価値があります

年齢を重ねて焦ってしまう前に、正社員になっておいたほうが絶対にいいですね。

なぜならアルバイトの経験は、いくら積んでも認めてもらえないから。

正社員なら実務経験〇年というのが、ちゃんと転職市場でも評価されます。

若くて就職が簡単なうちに正社員になっておいたほうが、人生ラクに生きることができますよ。

目次

20代をフリーターで過ごした私の体験談

正社員登用制度とはどんなもの?

正社員登用制度とは、アルバイトやパートなどの非正規雇用から正社員に転換する制度のこと。

登用方法に決まりはなく、企業それぞれが柔軟に運用しているのが実情となります。

一般的には、一定期間働いて認められれば、改めて面接や試験を受けて就職する流れとなります。

かすがみ

ここでは実際にアルバイトから正社員に登用された、私の体験談をお話ししますね。

正社員になれたのは完全に運

私かすがみのプロフィールはこちら。

かすがみプロフィール

私は大学院を中退後フリーターとなり、自宅から近かった工場で働くことに。

働き始めて1年後くらいに、正社員登用制度があることを知ったんです。

なぜ知ったかというと、実際に正社員に登用された人がいたから。

なのでそのときは「頑張れば、自分もなれるかも」と単純に考えていました。

仕事はまじめにしてたので、時給も上げてもらったし「評価されてるかな」って思ってたんですね。

その後の私は、「早く就職しなきゃな」と思いつつも、ずっと同じ工場で働き続けました。

学校を中退し、社会人経験もなかったので、就活してもどうせ無理だろうとの思いもありました。

だけど、そこから待てど暮らせど正社員登用のチャンスは巡ってこず。

深く考えていなかった私は就活することもなく、20代の貴重な時間を無駄に過ごしてしまいました

現実に30歳が目前にせまり、急に焦り始めました。

このままじゃ人生終わる」と本気で思いましたね。

「もうバイトを辞めてキツイ仕事でもいいから正社員を目指そう…」と決意。

手遅れかもと思いながら就活を開始したところに、タイミング良く正社員登用のチャンスが。

なんとかその工場で正社員になることができたんですが、完全に運が良かっただけの話

中年フリーターの道は全然ありましたね。

かすがみ

あそこで正社員になれてなかったらと考えると、今でもゾッとします。

正社員を狙うなら早めに行動しよう

結論から言うと、正社員に少しでもなりたい気持ちがあるなら、早めに行動するべき

私の経験からも、歳を重ねるごとに絶対に焦って後悔することになります。

アルバイトから正社員を登用するかどうかは、会社の都合

自分ではコントロールできない部分になります。

会社の都合に人生をゆだねるより、自分から行動を起こしたほうが何倍も楽だし簡単ですよ。

≫ 無料で利用できる就職エージェントについてはこちら

アルバイトから正社員になるメリット

正社員登用制度を利用するメリットは3つ。

  1. 就職活動をしなくてよい
  2. 職場環境を理解したうえで働ける
  3. 学歴や社会経験がなくても就職できる

就職活動をしなくてよい

正社員登用制度は、アルバイトの中から正社員を採用する制度。

なので一般的な就職活動は必要ありません

簡単に言うと、求人を探したり企業研究や自己分析などの面倒くさいことをしなくていいってこと。

普段の仕事ぶりや人間性などがチェックされるため、アルバイトそのものが就職活動といえます。

かすがみ

就活に時間を使わなくていいので、休日はゆっくり過ごすことができますね。

職場環境を理解したうえで働ける

新卒3年以内離職率
出典:厚生労働省「新規学卒者の離職状況」

新卒の離職率をみると、3年以内に3割前後の人が会社を辞めてしまいます

離職理由は様々ですが、人間関係職場環境などが主な理由ですね。

あなたなら、同じ会社でできるだけ長く働きたいと思いませんか?

その点、アルバイトから正社員になる場合は、この辺りの問題はクリアできますね。

人間関係はすでに構築できてますし、会社の雰囲気や仕事内容なども把握できています。

これは大きなメリットといえますね。

学歴や社会経験がなくても就職できる

かすがみ

もしかしてあなたは、学歴や職歴がないために、就職に対して不安を感じていませんか?

私もそうだったのですが、一度も正社員の経験がないと、就職のハードルを高く感じてしまうんですね。

先ほども述べましたが、正社員登用制度ではアルバイトそのものが就職活動ともいえます。

雇用する側の会社も、学歴や社会経験よりも「この会社で何ができるのか」を普段から見てくれています。

なので学歴や社会経験といったハードルを乗り越えて、あなたの実力で勝負できますよ。

アルバイトから正社員になるデメリット

正社員登用制度を利用するデメリットは以下の2つ。

  1. 必ず正社員になれる保証がない
  2. 正社員になるまで時間がかかる

必ず正社員になれる保証がない

「正社員登用制度あり」と求人広告に書かれていたとしても、実際に正社員を登用することを保証しているわけではありません

求人の時点では登用する気があったり、実際に登用された人がいたりしても、その次があるとは限らないんですね。

なぜなら、正社員への登用は会社の経営状況などにも大きく左右されるから。

会社としても、「いつまでに何人正社員を登用するか」というのは、なかなか約束しにくい状況なんです。

あなたに正社員並みの実力があったとしても、会社が「正社員はいまのところ必要ない」と判断すれば、正社員への道はそこで閉ざされることになります。

正社員になれるまで時間がかかる

会社からすれば、アルバイトのほうが人件費が安くすむのは当然。

あなたがアルバイトから正社員になろうと思ったら、人件費以上のメリットを会社に示さなければなりません

私が意識していた点でいえば、「協調性」「前向きな姿勢」「リーダーシップ」などです。

要するに、「この人に辞められたら困る」「正社員として囲い込んでおきたい」と思わせないとダメってこと。

そう思ってもらえるためには、長い時間がかかってしまうのは、仕方がない話ですね。

かすがみ

しかも自分ではちゃんとしていると思っていても、会社がどう思っているのか分からないのが難しいところですね。

正社員に登用している会社の実態

悩む人

社員登用ありの会社ってどれくらいあるの?

気になる人も多いのではないでしょうか。

厚生労働省のデータをもとに、正社員登用制度の実態をみていきましょう。

実際に正社員になった人はどれくらい?

社員登用ありの会社と、実際に登用した会社の割合は、以下のとおり。

産業登用制度あり登用実績あり
全体75%44%
建設業61%33%
製造業74%47%
情報通信業57%38%
運輸業、郵便業68%43%
卸売業、小売業84%35%
金融業、保険業81%44%
不動産業、物品賃貸業71%47%
学術研究、専門・技術サービス業66%40%
宿泊業、飲食サービス業73%29%
生活関連サービス業、娯楽業81%34%
医療、福祉81%55%
サービス業(他に分類されないもの)70%40%
参考:厚生労働省|労働経済動向調査(令和4年2月の概況)

2つの割合が、大きく異なっていることに注目してください。

「社員登用あり」の求人を信じてがんばっても、実際に登用する会社は半分程度なんです。

一緒に働いている人の中で自分がいちばん評価されていても、これでは厳しいですね。

かすがみ

いかに正社員登用制度が難しいのかよくわかりますね。

正社員に登用しなかった理由

過去1年間(令和3年2月から令和4年1月まで)に登用実績のない理由

正社員登用制度「登用実績のない理由」
参考:厚生労働省|労働経済動向調査(令和4年2月の概況)
※複数回答あり

正社員登用制度がありながら、正社員へ登用しなかった理由は円グラフのとおり。

正社員へのチャンスが、まったくなかったものが半分を占めています。

  • そもそも正社員の募集をしなかった 32%
  • アルバイト以外から募集した 5%
  • 推薦してもらえなかった 13%

この結果からも、正社員登用制度に期待するのはリスクが大きいことが分かります。

かすがみ

いくら努力しても、自分でコントロールできない部分でチャンスがなくなるのは辛いですね。

【結論】アルバイトから正社員は難しい

アルバイトから正社員になることには、確かにメリットがあります

しかし、登用されなかったときのリスクの大きさを考えると、おすすめはできません。

なぜなら、失敗したら20代の一番就職しやすい時期をみすみす逃してしまうからです。

データから分かるとおり、正社員への登用は会社の都合次第

自分ではどうしようもない部分なので、アルバイトから正社員になるのは難しいと言えますね。

かすがみ

経験からいえることですが、会社から声がかかるのを待つよりも、自分から積極的に行動したほうが精神的に安定しますよ。

【対処方法】正社員になりたい人へ

正社員を目指すなら、できるだけ早く行動したほうがいいです。

会社側からしたら、なるべく若い人を採用したいですからね。

かすがみ

私の場合は、30歳目前でもなんとか採用されたので、20代なら全然チャンスはあります!

悩む人

とはいえ、就職活動もしたことがないし、どうやって就職したらいいか分からないよ…

私もそうでしたが、就活をしたことがない人にとって、「どうやったらいいんだろう」という不安は大きいもの。

そこでおすすめなのが、就職エージェントを利用する方法。

無料で利用できて、自己分析から面接対策企業とのマッチングまで、すべて面倒を見てくれます

あなたのような悩みを抱える人にピッタリではないでしょうか。

詳しい解説記事がありますので、興味があれば読んでみてください。

≫ 無料で利用できる就職エージェントについてはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
目次
閉じる